新人番頭日記10

御正月が終わり、二月が近かずくと、伊豆はシーズンオフで、御客様が少ないです。私は、この機会に伊豆の名所を勉強しようと思い、図書館に行き、
伊豆の歴史を、調べています。源頼朝と伊東氏の姫との、悲しい恋の物語は、日本のシェークスピアだと思い興味をもています。
2人の間にできた子供は、姫の父親に、取り上げられて、松川の上流に投げ捨てられています。2人の悲しみは、測り知れません。その後の頼朝の人生の考え方に、影響を与えているように、私は御萌手習いとおもています。しかし、伊豆はまだまだ知らないことが、沢山有ります。            其のうち、私なりの伊豆物語を、創りたいと思いますので、楽しみにして下さいませ。話は、変わりますが、この時期は、行き届いたサービスが、出来ますので、ご来店をお待ちしております。                                                                        伊豆高原 海の見える専用露天風呂温泉付き離れの宿  「旅亭懐石  曾我」    信楽喜久雄
 

▲ページトップへ